読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

自己観察はエゴ観察

成長の道標

ある人の、ある日。

 

向こうから来る人。

挨拶しようか。

どう声をかけようか。

無視されたら、イヤだな。

 

このように。自覚なく自分の思考・感情を、

ゆるぎなく見ていますよね。

 

こんなのは、どうだっていいこと? 

じっさい。

挨拶するか・しないか、タイミングを

どうしようとか。な~んてことない。

 

しかし、丁寧に。

そう考えている「自分を見ている」。

 

自分をみていなければ、こういう、

どうでもいいことを

覚えていることもない。

 

覚えているから、後から、色々と

自分を振り返り、検討できる。

のですね。

 

私としては、こういう話を聴いているときも、

自分をうっすら意識しています。

自分のエゴで、相手の話を自分の都合の

良いように解釈してしまわないように、と。

 

自分のエゴが活動していないか、

観察する。みたいなことね。

 

習慣・自動操縦で動いていれば、

ラクチンですが。

 

自分が不利になるようなときは、

エゴは、動きますよね。

エゴっていうのは、生命活動の一環

でもありますから、自分を守ろうと

するのは当然。

 

オシャカサマに近いくらい~の

悟りの境地に入っていれば、

思考の工作を見抜きますから、

動じないでしょう。

 

けれど、日々~色々とある現実に対応するとき、

恐怖に負けそうになることも、あるのよね。

 

それに負けるか、気づいて解放していくか。

だから学びは、一生のこととなってるんですね。