読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

思考と感情

紀元前後のローマ帝国にルキウス・セネカという

哲学者がいました。

「問題になるは量あらずして質なり」。。

これが彼の残した言葉です。

見えるものの・数値化したもの。

これが「量」。量は比較を生む。

見えないもの・数値化できないもの。

これが「質」。つまりは感性の問題。

 

脳(認知脳)は、自動的に、動く、

という機能を持った装置でしかない。


最近、しゃべるロボットが作られましたが、

まったく人間の脳の模倣なんですよね。


ああなったら、こうする。こうなったら・・こういう時は・・・。

上手くプログラムされています。

 

ロボットも、感情を持つ。
と思いたい人が、感情を持つロボットの

映画を作る。のでしょうか。


そういう映画が、たくさんありますよね。


それは、この宇宙に、人間と同じ生物がいる。

はず・・・と思う心と、同じでしょうか。