読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

諸人こぞりて

妹がイエスの足もとに座り、じっと聞き入る。
・・・その姿を見て、姉は「自分のように、
奉仕しするよう働きなさい」と言います。

女が、イエスの足に香油を塗るのを見て、
ユダは「そんな高価なものを塗るより、
そのお金で貧しい人に奉仕しなさい」と言います。

そうやって責めることで、我こそ正しい、
と主張する。が

イエスは、妹には、そのままでよい。と言います。
女にも、塗るのに任せます。

イエスに恩赦を与えるか? それとも、
・・・と問われて

イエス・・・それは自分の中にある輝きの象徴。
それを、殺すことを大衆は選択しました。

直観的に「これがすべきこと」と
分っているのに。

想いのままに、動きたいのに。

どれだけ、私たちは、
自分を抑圧してきたことでしょう。

損得計算で、自分の命の輝きを
抑えつけて生きてきたでしょう。