読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

「神」はいるのか?

「神」はいる。。
「神」なんていない。

さまざまなご意見があります。

こういうのは形式的なこととして、
あることになっている。
「神」とかね。

でも、なんでしょうねぇ。
人には、どうしようもないことがある。

被災とか・・・。
誰を恨むでもないことに対する畏れ。
呪いたくなる思いを昇華させる。

そこに「神」を持ってくるしかない。
ようにも思います。

「アンタが悪いのよ!!」
ということでもなく。
それを、受け取るために。

 

逆に、豊穣などの喜びを、
歓びに変える心情。
あふれ出る感謝。

そこにも、「神」を持ってきたくなる。
「生まれてよかった」「生きてきて、良かった」みたいな。

形式として宗教感になってしまうけれど。

 

神・・・それは「理想」として、
追いかけるものではなく。