読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

学問のすすめ

成長の道標

日本は敗戦の反省で、
国民のすべてに学問が必要だ。
となった。

すべての国民は学問をする義務がある。

学問とは、人の言うことに、無抵抗に、
いいなりになるのでなく、自分で考える力、
ということ。

知らないことには、ついつい
言われたまま、鵜呑みにしてしまう。

追跡調査をする手間をかけたくない。
となるからでしょうか?

しかし、自力で検索し、自分の頭で考える
ということをしていかないと、ウッカリ騙される。

学問は、学校で学ぶことではなく
日常で、常に疑問を持つことから
始まるのかもしれない。

これは本当なのだろうか。
これはどういうものなのだろうか。

労を惜しまず。
探求し続けることが大事。