読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

人は鏡

「人は鏡」と言われます。

自分の姿を写す鏡がなければ
自分の姿が「どんなもの」か
誰も、知ることが出来ません。

あるいみ、常に「人が基準」なのです。

 

私の身長が、高いか低いか。
高い人と比べて「私は低い」となり
低い人と比べて「私は高い」となる。

まぁ~
そのように、常に比べあう。

自分も、人の鏡。

 

誰かが、私を見て、その人が
その人自身を知る。
その手がかりになります。

だから。
自分は常に正確に、相手を写す
鏡であることを心して
関わりあうことが大切なのです。

 

今回は、こう写す。
でも前回は、こうだった。
と、揺れ動いたら
正確に映し出すことはできない。

 

良くも悪くも、常に一定水準を保つ。
それが人との関わりで大切なこと。
じゃないかなぁ。