読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

自業自得。とは

99%ではなく、「100%自分の問題」ということは、

同僚がミスをして一緒に叱られても、

見ず知らずの人に突然言いがかりを付けられても、

地球の裏側で何かの悲惨な事件が起きても、

0.1%も例外なく、それは誰かのせいではなく

「自分」の問題ということになる。


自分が見たり聞いたり、目の前で起こった

あらゆる問題は、全て自分自身の問題であって、

例外はないということなのだ。


確かに、故意であれ過失であれ自分がやった事に

対しては、「自分の問題」と簡単に受け止められるが、

自分以外の人がやった事に対しても

「あなたの問題です」と言われれば、

普通の人は納得が出来ないだろう。

自業自得。とは
「何があっても自分が悪い」と受け止める

ということではない。

それではむしろ自分を責めることで、

新たな業を生んでしまう。


そうではなくて、「そのように思ってしまう

ことにこそ、そこに自分の問題が示されている」

ということを言いたいのだ。


ものの見方や捉え方は100%、
それを受ける側の主観でしかないのです。
自分の目の前に現れた事象は、その事象そのものだけでは
意味を持たず、それを見て受け止めている本人の心が
反応しているに過ぎない、ということなのだ。

 

そしてその反応は、本人の過去の記憶、業・カルマが
影響を与え、感情を引き出している。
あなたの目や耳などの五官を通して

何かの出来事を認識した時、

あなたの心の中でどのような反応をしたのか、
というところに「自分の問題」が示されている。


「問題」とはつまり、自分の課題であったり、

自分の役割の方向性を指し示すものであったり、

今の自分にとって
必要な“何か”を自分に教えてくれる、

「本当の自分」からの「メッセージ」ということなのだ。

魂が自分の進化のために設定した課題を学ぶために、

最も相応しい環境を現象化しているのだと。
どんな事があっても何もかも自分が責任を背負い、

「自分がやればいい」と思うことだけが答えではない。