読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

純粋さ

仏道をならふといふは
自己をならふなり。

自己をならふといふは
自己をわするるなり。

自己をわするるといふは
万法に証せらるるなり。

万法を証せらるるといふは
自己の身心、および他己の心身をして
脱落せしむなり。


というのが曹洞宗開祖、道元さんの
有名な一節です。

 

ワタクシなど面倒くさいから仏道はイイヤ。
となりそうです。

 

忘れよう、捨てよう。
として、出来ないのが「自己」というもので。

思えば思うほど、ありありと「自己」がいる。
どこを切っても、出てくる、出てくる。

 

これまでに身についた経験や知識、思慮分別
自分のやり方・・・これが自分だ・・・
を、すべて捨て去る。。

って、叶わん。です。

 

人間は、どうやっても、自分が一番かわいい。
なによりも興味の持てる対象です。

 

自分の仕事
自分の家族
自分の上司・同僚
自分の財産
自分の社会
自分の地球
自分の宇宙

どこまで行くのか~♪

 

これを反転させてみる。

 

仕事における自分
家族にとっての自分
上司・同僚にとっての自分
財産からみた自分
社会から見た自分
地球から見た自分
宇宙から見た自分

ふぅん。
なんとなく、求められている使命が・・・
見えてくるような、気がする。