読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

懺悔ということ

成長の道標

ザンゲ・・・というと
何か、罪に対する反省
というような捉え方をする
人もおりますが。

本来は。
「この命を活かしきれていない」
ことへのザンゲなのですね。

 

だから、懺悔することが、いっぱい在る。

力を余している。
ですから「したこと」よりも
「しなかったこと」がメインなのです。

こうしたら、よかったのに。
みたいなコトは、多々あります。

罪の思いというのは
「したこと」に対する評価でしょ?
悪いことをした~とか。

そうすると、ザンゲの意味を
取り違えてしまいますね。

能力がありながらも、しなかった。
ソコがポイントなんです。
だから
「未来の扉」が、開くのですね。

過去のことをとらえて、
どうのこうの・・・ではなく。

 

ポイントは「今」なのです。