読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

相手を見て、話をする

心を打つコトバ
気づきを与えるコトバ

これは「いつ」言うのか
対象は限定されて「誰に」なのか。
が、大切なのではないかなぁ。

いつ言っても通る
だれにでも通用する

それだけでは、相手を
行動にまでは誘えない。


坂本竜馬はこう言ったそうです。

財政の自由なくば、
思想の自由もなく、
行動の自由もない。

サラッと聞けば、なるほど~
という気にはなる。

ああ。いいことを聞いた。
みたいに。
そして、すぐに忘れるんですね。

し・か・し・・・
これは竜馬の時代だから通じた
のかも知れません。

つまりは「自由がなかった」んですね。

だから、そのコトバが「力」を持つ。
わたしらの時代は、自由は、ありすぎる。

"思想"も財政がなくても、自由でしょ?
"行動"するのも、お金がないから出来ない
のなら、お金が掛からない方法と方向を
選択出来るんです・・・よね。

むしろ
"財政"なんてものに重きを置いたら
不自由で仕方が無い。

「いま」
「その人に」
伝わるコトバは、名言や格言の
なかになんか、ない。

生きて。
体験して。
感じて。

そこから、搾り出したコトバが
相手を・・・心を・・・ゆさぶるのだ。