読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

観念が変われば現実が変わる

自分が見ているのは、自分の観念です。

観念が創った世界を見ています。
ですから・・・観念が変容すれば、

とうぜん、世界は一変します。
わたしたちは「自分の思い込み」が、

真実だと思い込んでいます。

そこから、抜け出せない。


観念は、エネルギーです。

膨大なエネルギーを使って「自分の世界(観念に沿う)」を

創っています。
もし・・・その観念が破壊されたら・・・

創る必要が失われますから、そのエネルギーは
新しい世界を創造していくことに使われることになります。
これは精神論ではなく、物理です。

たとえば観念は↓これですね。

自分の見方、考え方は変わっても現実は変わらない。
たとえば給料は今のまま。預金も収入の額も変化しない。
自給800円で、たくさんもらっていると「思えば」

気は楽だが。少ないと「思う」と不平不満が出る。
ようするに見方が変わるだけ。

でも、現実は変わらない。



「自分は、これだけしか貰っていない」という

観念があるから、その世界を作ります。
それ以上の収入を得ることが出来るとしても、

そんな現実はない、と思うから、収入は、そのまま。
そこが、コチコチの頭だと、理解できないんですねぇ。
もう、「自給800円」でいいです。

と言っているようなものなのです。

 

それ以外の収入源は、ない。となる。



本来は原因があるから結果がある。のではなく、

結果から原因を創りだします。

そういう作業をしてしまうのです。
そうするから、結果である「自給800円」は、現実になる。