読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正しく生きるための実践マニュアル

「自分を生きていない」と気付いた人の為の道標が、今ここにある。

似たモノは嫌われやすい

家族の中で、気が合わない
というタイプはいるもので。

お父さんとは、どうしてもぶつかる。
という事もある。
また、ツーカーで理解しあえている
という場合もある。

ぶつかる場合は、相手を理解できない
腹の中が見えない。
ということもあるし。

 

あまりにも似たタイプゆえに
 
嫌な自分を、見ているような気分にも
なるようである。
 

「こういうトコロが足りないのよ」とか
 
「こうだからダメなんだよね」と
 

自分の事なのに、他人事にして
言い連ねるワケだ。
 

だが、しかし

まったく違う人には、自分の見えなかったトコロや
気付けなかったトコロを、教えて貰える特典がございます。
 

うーん。そうかぁーー。そうなるか。

なるほど。そういうふうに思うのか。
 

みたいに。ですね。

 

相手は、自分の見えていないコトを見ている。
 違う世界観・人生観がある。と。

 

尽きぬ井戸から水が溢れんばかり~な
豊かさが、ある。と感じるのです。
 

そういう時は
 
「この人と出会えて良かった」と思います。
生きていてよかった。
人生は面白いなぁ。
 

などと感じるのですね。